【現役SM女王様からM男へ】女王様がおしえる個人奴隷になる方法3つ

SM

現役SMクラブ嬢のみさとです。


M男ちゃんたち、今どんなこと考えてる?

「憧れの女王様の個人奴隷になりたい」

「お店を介さず女王様に会いたいなあ」

なんて思っているとしたら、この記事はあなたのための記事よ。


クラブ勤務歴〇年、星の数ほどM男君を相手にしてきた私。これまでのキャリアの中で3人だけ個人奴隷にした経験から、個人奴隷になる方法とその世界をあなたに教えてあげるわね。

女王様の個人奴隷ってこんな感じ

ふつう女王様と奴隷はSMクラブを介してプレイをするわけで、そこでは明確な3つのルールがある。

①時間厳守
②費用厳守
③プレイはM男の希望中心

SMクラブに通っているM男くんはよくわかると思うけど、ようはどこまでいっても「お客様」なのよね。

SMの入り口はファンタジーだからこれはこれでいいのよ。

だけれど、女王様とM男も人間同士(一応)。そこから発展することがたまにあるの。

個人奴隷のケース①裏引きパターン

これを個人奴隷と言ってしまうと夢も希望もないから私としては微妙なんだけれど、裏引きケースも結構ある。

裏引きっていうのは要はお店を通さないでプレイするってことね。
当然支払いは発生します。

「ねえ、あなた私の個人奴隷にならない?」

なんて女王様に言われて喜んで了承して、「やった!これで〇〇様の専属奴隷だ」と思って「どんな調教してもらえるんだろう」「飼ってもらえるのかな」なんて思っていたら、何のことはない、いつもと変わらないプレイ。

違うのは女王様が受け取った金額をお店にバックしないだけ。

なんとなーく「トホホ」だけれど別にそんなに悪い話じゃないのよ。

なんといってもお店を介さないことで時間厳守の縛りがなくなる。お店でのプレイは予約も詰まっているから後半は時間との闘い。ちゃんと時間内にイかせられるかこちらも頭もフル回転して顔面騎乗したりしてるんだから、時間の縛りのない個人取引は悪くないの。

それにお店を介さないことで、直接女王様と連絡が取れるようになるから距離は近くなるよね。

お店的にはOK?NG?

お店で知り合ったお客さんと直で仕事をするのは基本的には仁義に反します。

なのでよくあるのが、お店を辞めちゃった後にやり取りするパターンね。

しかしながら、よほど気に入ったM男ならともかく、お金のために個人交渉を持ち掛けてばかりいるような女王様なら注意が必要!

そういう野良女王様はお金の無心をしてこないとも限らない。

M男くんは女王様に臨まれればなんでも答えたくなるから
「お店に取り分持っていかれるくらいなら、女王様に払いたい!」
って思うのだろうけれど、

あなたを気に入って持ちかけているのか、それともみんなに言っているのか、

それはしっかりと見極めたほうがいいわね。

「個人奴隷」の甘美な響きに飛びついちゃだめよ。

個人奴隷のケース②専属パターン

これぞ醍醐味!専属奴隷のパターン。

裏引きパターンと違って、プレイごとにお金を払うことがなくなります。

専属奴隷の在り方って女王様それぞれにちがうので私のケースになるけれども、私は専属M男君を採用すると、「プレイ」の回数は激減します。

その代わりに、呼び出して掃除をさせたり、お料理を作らせたり、送り迎えをさせたり、といった感じ。お金はもちろんもらわないわよ。

私にとっては「プレイ」は非日常であり、仕事。
よりプライベートに近い個人奴隷には、プライベートの奉仕をさせることが多いの。

もちろん興が乗ればプレイすることもあるし、そんなときのプレイはクラブプレイを超越したディープでクリエイティブなものになる。

そこから先は、奴隷と私の相性次第でどこまで行くか決まるっていう感じ。
体に傷をつけたくなるかもしれない、厳しい拘束をしたくなるかもしれない、そこはほんと成り行き任せで、個人奴隷の醍醐味だと思う。

面白い話があるのよ。

クラブで知り合った子を個人奴隷にしたときのこと。
その子は、私の個人奴隷になれて最初は喜んでたんだけど、私が何もプレイをしてあげないからしばらく不満そうだったの。

専属になったらどんな刺激的なプレイが待っているのかとワクワクしてたのよね。

それなのに私は普段の小間使いに使ったり、足にしたりとやりたい放題。
もちろんSMプレイで着るようなコスチュームも身に着けてあげない。
だけど、私は彼を奴隷としてたっぷり愛してあげたのよ。

その後どうなったかっていうと。

彼はそういう日常に溶け込んだSMが気に入ったのでしょうね。
「プレイなんかじゃ僕は満足できなくなりました」って。

そりゃそうよ。
作りものじゃない、本当の私の感情や支配欲をビシバシ感じたのだもの。
クラブプレイなんかじゃ満足できる体には戻れないわよね。

人それぞれ、女王様もそれぞれだからあくまで私のいち意見だけど、個人奴隷っていうのはクラブプレイとは全く違うものになるし、それがほんまもんの醍醐味なのよ。

女王様の個人奴隷になる方法1

さあ、ここからがやっと本題(笑)

女王様の個人奴隷になる方法を教えましょう。
一番大切なのは

『女王様を一人の人間として尊重すること』

当たり前だって思うなら、あなたはいいM男君よ。

SMクラブで働いていると、女王様とはいえ人間扱いされていないように感じることは結構多いの。

女王様を性欲を満たすためのファンタジーの道具にしちゃうのね。

それはそれでいいんだけど、そういう商売だからね。
だけれどその場合は割り切ったプレイだけの関係でおしまい。

勘違いして個人奴隷なんて求めちゃいけない。

ポイントはプレイ前後の会話。
ちゃんと「人間同士」の会話してますか?

「今日はお疲れの様子でしたね」
とか
「今日すごく楽しかったです」
とか
なんでもいいのだけど。

プレイが終わったら、相手に関心をもってちゃんと大人として人対人の会話をすること。
これができないM男君は結構多いから、できるだけでも一歩リードなのよ。

女王様の個人奴隷になる方法2

ここからは私の単なる趣向なんだけど。

「その女王様に一途でいる」

忠誠心というのかしら、恋心というのかしら。
とにかく、女王様に対して一途な心を持ち続けるの。

私があるM男君に心を奪われたときの話。
その日は予約が入ってホテルに向かうと、いつものM男君がいて、普通にプレイをしてたんだけど。

服を脱がしてみたら、太ももにみみずばれがあって、それが私の名前だったの。

プレイ前のオナニーの時に、爪楊枝で私の名前を身体に書いたんだって。
あの時は全身の血が逆流したかのように興奮したわね~。

うれしかったのよ。

も~いじめたくなっちゃってね。止まらなくって
その後のプレイのあばれっぷりったらなかったわ( ´艸`)。

「一途」の伝え方はいろいろあると思うの。
差し入れをしてもいいし、定期的に予約をして入るでもいいし、手紙を書くのでもいいし、どんな方法でも必ず伝わるから。

女王様っていうのはM男君の恋心を食べたくてしかたないんだから、
自分へ向けらられた本物の思いは絶対に嗅ぎ取るのよ。

女王様の個人奴隷になる方法3

女王様をしっかり人間として尊敬し、一途であることを示したら、あとはもう任せるしかないよね。

だけれど意思表示はしておきましょう。

「女王様の個人奴隷になりたいんです」

って。

これはストレートに伝えたほうがいい。

私もこれまで拾った3人のM男さんのうち二人は、向こうからの熱烈なアプローチにほだされてのことよ。

私のM男①はとにかく会うたびに熱烈に懇願されたわね。
「僕は車で送り迎えしますから便利ですよ」
とか
「女王様をお連れして、温泉旅館に行くのが夢なんです」
とかね。もーうるさかった。(笑

彼のほうがエネルギーが強くて、そこに私は乗っかったという感じ。

M男②はなんていうか硬派なタイプで、とにかく忠実な犬のように私に尽くしてくれて、それでいてM男①のようにうるさくない。

M男②は2年間通ってくれて、二年目に告白されたの。

「僕を奴隷にしてください」

って。

私もそれにキュンと来ちゃって。

見た目はハゲでデブなのよ。でも私は彼の純愛をしっかりと受け取ったの。

あなたらしい伝え方ならどんないい方でもいいけれど、女王様の奴隷になりたいならちゃんと意思表示はしたほうがいいわよ。

個人奴隷になんてならないほうがいい?

そう、そうなのよ。

個人奴隷っていいことばかりじゃないわよ。

なんといっても、クラブプレイの時のようなあなたに都合の良い世界は待ってないの。笑

毎回射精なんてもちろんさせてもらえないし、
なんならボンデージ姿も封印。

ファンタジーの対象から一気に人間臭いところをお互い見せるわけだから、あこがれも覚めちゃうかもしれないし、何よりインスタントな興奮しなくなるかもね。

だからそういうのが嫌なら、クラブプレイだけにしておいたほうがいい。

女王様に求められたら全力で飛び込みなさい

とはいえ、女王様に求められたら全力で飛び込みなさい。

愛情に裏打ちされた激しい責めと抱擁、二人だけが知っている秘密の絆。

いびつな世界の共有。

そんな別世界に飛び込むのも悪くないわよ。

GOOD LUCK!

コメント

タイトルとURLをコピーしました